興行実績一覧


Last Modified: 2 March 2017 MINAKA Nobuhiro

日本生物地理学会第72回大会・シンポジウム〈言語進化学と言語地理学の研究最前線:人類集団の言語・文化・遺伝子の時空変遷〉2017年4月9日(日)15:00〜17:30@東京大学農学部フードサイエンス棟中島薫一郎記念ホール(東京都文京区→地図)※オーガナイザーと司会.
日本生態学会第64回大会・自由集会W19〈〉2017年3月15日(水)18:00〜20:00@ I会場早稲田大学早稲田キャンパス.※三中信宏「Rを用いた幾何学的形態測定学:最近の進展」.
宇治鳳凰ロータリークラブ卓話.2017年3月2日(木)13:00〜13:30@宇治〈パルティール京都〉※三中信宏「分ける思考とつなぐ思考:分類をめぐる文化論」
●〈World IA Day Tokyo 2017〉2017年2月18日(土)13:00〜20:00@amu(渋谷区恵比寿)※基調講演:三中信宏「ダイアグラム思考 — 分類と系統の世界観」.
北陸病害虫研究会・第69回研究発表会(→開催案内 [pdf]),2017年2月16日(木)13:00〜17日(金)12:30@富山県民共生センター〈サンフォルテ〉2Fホール(富山市)※特別講演:三中信宏「分類学と系統学:われわれは多様性をどのように可視化してきたか」13:10〜14:05(→講演要旨 [pdf])
●熊本県農業研究センター所内研修会(統計研修)【期日】2017年2月6日(月)〜7日(火)【場所】熊本県農業研究センター(熊本県合志市)
●宮崎県総合農業試験場主催・数理統計研修(応用編)【期日】2016年12月19日(月)〜12月20日(火)【場所】宮崎県総合農業試験場(宮崎市佐土原町)研修棟
●大分県農林水産研究指導センター主催・数理統計研修(基礎編)【期日】2016年12月5日(月)〜12月7日(水)【場所】大分県庁OAプラザ(大分市大手町)
●宮崎県総合農業試験場主催・数理統計研修(基礎編)【期日】2016年11月28日(月)〜11月29日(火)【場所】宮崎県総合農業試験場(宮崎市佐土原町)研修棟
●平成28年度数理統計短期集合研修・国立研究開発法人農業技術研究機構短期集合研修(農林水産試験研究のための統計的手法),基礎編:2016年11月7日(月)〜11日(金)/応用編:2016年11月14日(月)〜18日(金)@農林水産研究情報センター・電農館VCホール
●沖縄実地研究指導実施計画〈統計処理を用いた研究計画・分析指導〉,2016年10月31日(月)〜11月2日(水)@沖縄県農業研究センター(糸満市)→→カリキュラム
●第202回農林交流センターワークショップ〈分子系統樹推定法:理論と応用〉,2016年10月26日(水)〜28日(金)@農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター(電農館),つくば
関西哲学会大会ワークショップ〈「種」とは何か:生物学の哲学の現場から論じる〉:三中信宏「ヒトは「種」とともに生き続ける:なぜ種問題はいつまでも解けないのか?」,2016年10月23日(日)15:20〜17:20@大阪大学大学院人間科学研究科人間科学部本館第51講義室(A会場)(吹田キャンパス)→ プログラム [pdf]|講演要旨 [pdf]| 地図
●Dean’s Selection〜文理融合トークイベント〜:三中信宏「分けると繋げる:分類と系統のダイアグラム世界を眺める」,2016年10月21日(金)17:30〜19:00@大阪大学豊中キャンパス・文法経済学本館2階大会議室
Hennig XXXV: The 35th Annual Meeting of the Willi Hennig Society, Museo Argentino de Ciencias Naturales, Buenos Aires, Argentina,2016年10月5日(水)〜8日(土).MINAKA Nobuhiro. Chain, Tree, and Network: The History of Genealogical Visualization in Phylogenetic Systematics. [oral presentation] → Willi Hennig Society 年次大会報告ポータルサイト
●情報機構・統計セミナー:三中信宏「<入門の門前でまだ迷っている人のための>直感的で素朴な統計学~生物統計学へのお誘い~」,2016年9月7日(水)10:30〜16:30@きゅりあん4階研修室(東京・大井町 → 地図
●アントニオ・シニョレッロ:テノールリサイタル〈イタリアから愛と光の歌声を♪〉2016年8月23日(火)19:00開演@高輪区民ホール.司会・説明役.
●茨城大学農学部FDセミナー,2016年7月26日(火)16:20〜:三中信宏「大学教員のための「藝人」の心得〜学生を寝かさない高座の奥義〜」,茨城大学阿見キャンパス・こぶし会館2F
●第2回〈つくば横の会〉,2016年6月18日(土)14:00〜18:00@筑波大学春日エリア・情報メディアユニオン2F・メディアホール → pdf
●東洋大学経営学部FD講演会,2016年6月8日(水)14:30〜15:30:三中信宏「大学教員のための『役者論語』〜聴衆を寝かさない高座の奥義〜」,東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホール(文京区)→ ポスター
日本生物地理学会大会・大会シンポジウム〈形態測定学と地理的分布:かたちの定量化と生物地理学・文化地理学への応用〉2016年4月17日(日)15:00〜17:30@東京大学農学部・中島董一郎記念ホール,文京区弥生(→ 地図
●三中信宏・吉川浩満〈文化は進化論で本当に語れるのか?— アレックス・メスーディ『文化進化論』(NTT出版)刊行記念トークショー〉,2016年4月12日(火)20:00〜22:00@本屋B&B(下北沢)
第63回日本生態学会大会・自由集会W33〈道具としての「形態測定学」:生殖器形態の定量化〉2016年3月24日(木)17:00〜19:00@RoomF,仙台国際センター(仙台).三中信宏「形態測定学はかたちのデータをどのように可視化してきたか?」→ 〈形態測定学関連講演アーカイブス〉.
●橿原市昆虫館サイエンスカフェ〈酒米のルーツをさぐる〜DNAでさぐる日本酒米の起源〜〉2016年3月12日(土)13:30〜16:00@橿原市昆虫館(奈良県橿原市)※コメンテーター
●帯広畜産大学「生物統計学」講義,2016年2月29日(月)〜3月1日(火)および畜産生命科学部門合同セミナー:三中信宏「分類学と系統学の体系思考法:多様性を可視化するダイアグラムの系譜」3月1日(火)16:30〜18:30@講義棟1階・5番講義室,帯広畜産大学
●京都大学霊長類研究所集中講義〈統計データ解析:Rを用いて学ぶ生物統計学の理論と実践〉,2016年2月22日(月)〜2月23日(火),愛知県犬山市
●熊本県農業研究センター所内研修会(統計研修)【期日】2016年2月9日(火)〜2月10日(水)【場所】熊本県農業研究センター(熊本県合志市)
●〈第30回とよなかサイエンスBAR〉2016年2月5日(金)19:00〜21:00@DGCbase事務局(豊中市曽根東町 → 地図):三中信宏「サイエンスとアートのはざまで:万物の多様性を可視化する伝統をたどる」
●奈良県農業研究開発センター・生物統計学研修(応用編)【期日】2016年2月4日(木)〜2月5日(金)【場所】奈良県農業研究開発センター・1階会議室(奈良県橿原市)
●宮崎県総合農業試験場主催・数理統計研修(応用編)【期日】2015年12月14日(月)〜12月15日(火)【場所】宮崎県総合農業試験場(宮崎市佐土原町)研修棟
●大分県農林水産研究指導センター主催・数理統計研修(基礎編)【期日】2015年12月7日(月)〜12月9日(水)【場所】大分県庁OAプラザ(大分市大手町)
●宮崎県総合農業試験場主催・数理統計研修(基礎編)【期日】2015年11月30日(月)〜12月1日(火)【場所】宮崎県総合農業試験場(宮崎市佐土原町)研修棟
第17回図書館総合展分類フォーラム〉, 2015年11月12日(木)13:00〜15:00@パシフィコ横浜・会議センター501号室:三中信宏「ヒトはつい分類してしまう生き物だった」 → Ustream
第17回図書館総合展本屋B&B〉:三中信宏 ×山本貴光〈本を読むときに系統樹で考える、可視化することばとビジュアル〉, 2015年11月11日(水)16:00〜17:00@パシフィコ横浜・ブース18
●農研機構主催〈数理統計短期集合研修〉(基礎編・応用編),2015年11月9日(月)〜13日, 16日(月)〜20日(金)@農林水産研究情報センター・電農館VCホール
●第196回農林交流センターワークショップ〈分子系統学の理論と実習〉2015年10月28日(水)〜30日(金)@農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター電農館
第9回生物学基礎論研究会, シンポジウム〈Population Thinking vs. Typological Thinking〉2015年9月11日(金)14:30〜17:30@東京農業大学オホーツクキャンパス・11号館201教室(網走市):三中信宏「移ろいゆく標的と戦場:集団思考と類型思考の対決から半世紀が過ぎて」
ISIS編集学校ISISフェスタ~15周年の本楼夜学~〉2015年8月29日(土)19:30〜22:00,ISIS編集学校@世田谷区赤堤.三中信宏:「多様性を視覚化するダイアグラム:鎖と樹と網を編集する夜学」|動画配信 YouTube
日本進化学会第17回大会:WS-03〈日本の考古遺物を中心とした文化進化的考察〉,コメンテーター,2015年8月20日(木)
ニコニコ学会βサマーキャンプ2015,2015年8月8日(土)@筑波研修センター※キックオフ・ブリーフィング:三中信宏「曼荼羅を描くこと:複雑な世界を自分の目で見る」→ニコニコ生放送「ニコニコ学会βサマーキャンプ2015(1日目)
●京都フォーラム・第70回復幸実学協働学習会「系統樹曼荼羅:複雑な世界を読み取る視座」【期日】2015年6月13日(土)9:30〜16:30【場所】大阪駅前第三ビル24階・樹福書院会議室
●奈良県農業研究開発センター・生物統計学研修(基礎編)【期日】2015年6月8日(月)〜9日(火)【場所】奈良県農業研究開発センター・1階会議室(橿原市)
●東北大学文系URA/知の創出センター〈クワトロセミナー〉第7回「帝国の基層:西アジア領域国家形成過程の人類集団」コメンテーター.【日時】2015年5月19日(火)16:30〜18:30【場所】東北大学・片平キャンパス知の館〉3階・講義室(→アクセス
日本雑草学会第54回大会〈若手の会・外来雑草問題研究会 合同研究会〉【日時】2015年4月17日(金)17:00〜19:30@秋田市にぎわい交流館AU.テーマ:系統関係を考慮した種間比較とは?— 三中信宏「系統関係に基づく種間関係の復元:系統学と生態学のはざまの30年」(講演スライド
●日本動物遺伝育種学会・在来家畜研究会公開合同シンポジウム〈在来生物の研究に対する系統,進化,生物多様性〉【日時】2015年3月27日(金)13:00〜16:00@宇都宮大学峰キャンパス(宇都宮市):三中信宏「多様性を目で見ること:分類と系統への情報可視化アプローチ」
第62回日本生態学会大会・自由集会W28〈道具としての「形態測定学」:昆虫のかたちの定量化法〉【日時】2015年3月21日(土)17:30-19:30@鹿児島大学(郡元キャンパス)J会場 → 講演要旨:三中信宏「昆虫形態学の形態測定学への貢献の歴史」
●橿原市昆虫館・むしムシぜみな~る講演会サイエンスカフェ:三中信宏「サイエンスはアートである:万物の多様性を目で見ること」【日時】2015年3月14日(土)13:30〜15:00@橿原市昆虫館(奈良)
●九州大学総合研究博物館公開講演会〈科学描画:科学と芸術のはざま〉【日時】2015年2月21日(土)13:10〜17:00【場所】九州大学・箱崎キャンパス(旧工学部本館1階大講義室)|三中信宏「科学は芸術である:蒐集物の多様性とパターンはいかに視覚化されてきたか」
●熊本県農業研究センター所内研修会(統計研修)【日時】2015年2月12日(木)〜13日(金)【場所】熊本県農業研究センター(合志市)
第59回三省堂サイエンスカフェ:三中信宏「系統樹というアート:目で見る多様性,デザイン,インフォグラフィクス」【日時】2014年12月13日(土)15:00〜16:10【場所】三省堂書店神保町本店・2階〈UCCカフェコンフォート〉
●大分県農林水産研究指導センター主催・数理統計研修(基礎編)2014年12月8日(月)〜10日(水)@大分県庁OAプラザ(大分市)
●三中信宏・杉山久仁彦〈系統樹の森:芸術工学とインフォグラフィックス〉展・公開講座「生命の樹から系統樹へ/系統樹の森を逍遥して想うこと」【日時】2014年11月29日(土)18:00〜20:00【場所】谷岡学園梅田サテライトオフィス CURIO-CITY(グランフロント大阪A・16階)
●〈系統樹の森:芸術工学とインフォグラフィックス〉展【会期】2014年11月25日(火)~12月7日(日)【場所】谷岡学園梅田サテライトオフィス CURIO-CITY(グランフロント大阪A・16階)
●農研機構主催〈数理統計短期集合研修(基礎編ならびに応用編)〉※コーディネーター.2014年11月10日(月)〜21日(金).筑波事務所プレゼンテーションルーム
●第188回農林交流センターワークショップ〈分子系統学の理論と実習〉2014年11月5日(水)〜7日(金)※コーディネーター|コンパニオンサイト
●宮崎県総合農業試験場主催・数理統計研修(基礎編)2014年10月20日(月)〜21日(火)|同(応用編)2014年10月27日(月)〜28日(火)@宮崎県総合農業試験場(宮崎市佐土原)
●清真学園高等学校SSH科学講演会:三中信宏「ヒトはだれでも分類している:多様性を理解するためのものの見方」【日時】2014年10月11日(土)11:00〜12:30【場所】清真学園(鹿嶋市)
●第30回個体群生態学会大会|秋の学校〈行列のできる統計相談所〉【日時】2014年10月10日(金)/【場所】筑波大学大学会館マルチメディアルーム
日本昆虫学会第74回大会〈昆虫学会・秋の学校〉での講演:三中信宏「分類学と系統学のはざまで生物多様性を理解する」【日時】2014年9月15日(月)14:00〜17:00/【場所】広島大学(東広島)K201会場:三中信宏「分類学と系統学のはざまで生物多様性を理解する」
●琉球大学農学部・名無し進化セミナー:三中信宏「生物多様性と情報グラフィクス:知識の可視化からみた分類学と系統学」【日時】2014年9月3日(水)17:00〜18:30/【場所】琉球大学農学部207講義室
科学基礎論学会大会ワークショップ〈生物学の哲学の〈これまで〉と〈これから〉〉【日時】2014年6月15日(日)14:00〜16:00/【場所】慶應義塾大学(三田キャンパス)・西校舎1階519教室:三中信宏「生物学の哲学と個別科学の共進化」→ 講演要旨
●2014年度日本計量生物学会大会特別セッション〈ゲノム情報学・農学・生態学における統計モデリング〉【日時】2014年5月24日(土)13:00〜15:30/【場所】統計数理研究所(立川)のオーガナイザーと座長
第69回日本生物地理学会大会シンポジウム〈系統地理学はどこに向かうのか?:生物地理から言語地理まで〉【日時】2014年4月13日(日)15:30〜18:00/【場所】立教大学(池袋キャンパス).オーガナイザーと趣旨説明→ 講演要旨
●三中信宏「都市と分類思考:変遷する構造を捉える視点」.横浜国立大学大学院都市イノベーション学府修了展〈IUI展〉,2014年3月21日(金)11:30〜13:30@ヨコハマ創造都市センター
●三中信宏「涙なしの形態測定学:これから学ぶ人たちのために」.第61回日本生態学会大会・自由集会 W05〈道具としての「形態測定学」:生態学と周辺分野との交差点〉2014年3月14日(金)13:30〜15:30@広島国際会議場・E会場 → 講演要旨
●三中信宏特別セミナー「目で見る多様性の体系:分類と系統はどのように描かれてきたか?」九州大学大学院農学研究院セミナー(九州昆虫セミナー・第17回),2014年2月4日(火)17:30〜19:00@九州大学(箱崎キャンパス)農学部21世紀プラザII・第2講義室
●三中信宏・2013年度〈農業生物資源学特論第五 【分子系統学と形態測定学】〉.九州大学大学院農学研究院集中講義(2014年2月3日(月)〜5日(水))の全録画を YouTube 公開
●三中信宏「統計的データ解析の基本に立ち返る:思考法・視覚化・モデル」.横浜植物防疫所統計研修,2014年1月17日(金)15:00〜17:00,横浜植物防疫所会議室
山内志朗『「誤読」の哲学』刊行記念トークイベント:山内志朗×三中信宏.2013年12月19日(木)19:30 ~@ジュンク堂書店池袋本店
日本蝶類学会(フジミドリシジミ)バタフライズ・フォーラム.三中信宏:特別講演「分類と系統を視覚化する:生物多様性のヴィジュアルな理解に向けて」,2013年11月23日(土)15:30〜17:00,日本教育会館(神田)
●第176回農林交流センターワークショップ〈分子系統学の理論と実習〉2013年11月6日(水)〜8日(金),農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所・情報通信共同利用館(電農館):コンパニオンサイト
●竹尾見本帖本店展示〈系統樹の森:系統樹を介して樹と人間と知識の諸相を鑑賞する〉スペシャルトーク「生命の樹から系統樹へ/系統樹の森を逍遥して想うこと」出演:杉浦康平・三中信宏・杉山久仁彦.2013年10月25日(金)18:30~20:00@竹尾見本帖本店2F
●竹尾見本帖本店展示〈系統樹の森:系統樹を介して樹と人間と知識の諸相を鑑賞する〉,2013年10月9日(水)〜11月22日(金)
筑波大学アメリカ文学会:三中信宏「生命のメタファーと系譜のメトニミー:進化するオブジェクトを描く」,2013年10月19日(土)13:00〜17:00,筑波大学・総合研究棟A棟111号室
●慶應義塾大学文学部極東証券寄付講座〈文献学の世界:世界を収める/読み解く1冊の本〉講義「生物・言語・写本:系統推定論の歴史とその普遍性について」,2013年10月11日(金)14:45〜16:15,慶應義塾大学三田メディアセンター5F 研修室(三田キャンパス)
日本昆虫学会第73回大会・昆虫分類学若手懇談会企画シンポジウム〈分類学の過去・現在・未来〉:三中信宏「昆虫分類学若手懇談会の40年にわたる歴史から見えてくる展望」,2013年9月15日(日),北海道大学農学部(札幌)
第7回生物学基礎論研究会・生物学史分科会夏の学校:三中信宏「視覚化される分類と系統:科学のもつヴィジュアル性のルーツ」,2013年9月7日(土)〜8日(日)@総研大(葉山キャンパス)→ プログラム
日本進化学会つくば大会 一般講演[2D-02]:三中信宏「形質進化の最節約復元を再考する:数学的性質と進化的仮定」,2013年8月29日(木)13:45〜14:00@筑波大学.
d-labo セミナー:三中信宏「ヴィジュアルなサイエンス:分類と系統を視覚化する」,2013年8月20日(火)19:00〜21:00,東京ミッドタウンタワー・7F → Ustream動画
●京都大学白眉センター&CAPE共催セミナー〈文化系統学・文化進化研究の現在 — 『文化系統学への招待』合評会〉,2013年7月28日(日)12:00〜18:00
●統計学哲学研究会,2013年7月17日(水)13:00〜18:00,慶應義塾大学(三田キャンパス)13:00〜17:00,研究室棟1F・B会議室.
生き物文化誌学会・第11回学術大会シンポジウム:三中信宏「見ればわかる分類と系統:生物の多様性はどのように視覚化されてきたか?」 2013年7月6日(土)13:30〜16:45,星薬科大学本館・百年記念館(東京)
●ナショナルジオグラフィック日本版編集部ウェブ連載:川端裕人〈研究室に行ってみた。〉,2013年4月15日(月)〜19日(金)
  1. 第1回:「裏の仕事」は“系統樹ハンター”(4月15日)
  2. 第2回:私たちはなぜ系統樹が好きなのか(4月16日)
  3. 第3回:ハヤブサがタカよりインコに近かったことが示すもの(4月17日)
  4. 第4回:実証できない進化論ははたして科学なのか(4月18日)
  5. 第5回:文系理系の壁を超えた新しい科学がやってくる!(4月19日)

生物地理学会大会シンポジウム〈チェイン・ツリー・ネットワーク:体系学におけるデータ可視化と情報グラフィクス〉 2013年4月14日(日)15:00〜17:30,立教大学@池袋.
●科学&哲学カフェ〈spcafé〉 2013年3月6日(水)17:00〜18:30,Craig’s Café@名古屋大学理学部E館1階.三中信宏「分類構築の心理学と系統推定の歴史学:オブジェクト多様性を体系化する精神について」.
生態学会大会自由集会〈道具としての「形態測定学」- 形態測定学でどこまでやれるか〉 2013年3月5日(火)15:30〜17:30,グランシップ静岡.三中信宏「形態測定学と系統推定論:連続変量のもつ系統学的情報について」.
●〈言語の系統関係を探る:その方法論と歴史学研究における意味〉2012年度第3回研究会「「樹」について考える」(→ プログラム).2013年2月10日(日)9:00~18:30,国立民族学博物館・第4セミナー室,吹田.
  1. 【趣旨説明】「言語学における系統図:なぜ今、樹について考えるのか」菊澤律子(国立民族学博物館)abstract
  2. 【言語学におけるツリーモデル】「言語学におけるさまざまなツリー(および他の)モデル」セーレン・ウィッチマン(マックスプランク進化人類学研究所)abstract
  3. 【遺伝学におけるツリーモデル】「進化遺伝学における系統解析」 木村亮介(琉球大学亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構)和文要旨abstract
  4. 【系統学】「生物・写本・言語におけるツリーとネットワーク:系統推定論における構造モデル選択について」三中信宏(農業環境技術研究所/東京大学大学院農学生命科学研究科)和文要旨abstract
  5. 【歴史言語学】「東アジアにおける大言語族の系統樹を見直す」ウィーラ・オスタピラト(タイ・マヒドール大学)abstract
  6. 【文献学】「死語の方言と系統樹モデル―中世イラン語東方言を例に」吉田豊(京都大学)和文要旨abstract
  7. 【オーストロネシア諸語をめぐるケーススタディ1】「異系統の言語を樹形図に組み込む―フィリピン・ネグリート族の言語を例に」ローレンス・A・リード(ハワイ大学)abstract
  8. 【オーストロネシア諸語をめぐるケーススタディ2】「樹形モデルの限界―北ヴァヌアツの言語を例に」 シヴァ・カリヤン(ノーザンブリア大学)・アレクサンドル・フランソワ(CNRS/LACITO)abstract
  9. 【コメンテーター】斎藤成也(国立遺伝学研究所/総合研究大学院大学/東京大学大学院理学系研究科)

●日本分類学会連合第12回シンポジウム〈分類学があらためて「種」と向き合うとき〉,2013年1月13日(日)9:30~12:00,国立科学博物館上野本館2階講堂

●第5回農環研サイエンスカフェ:三中信宏「生き物の世界を分類するまなざし」,2012年12月8日(土)14:00〜15:30@イーアス〈ウィズガーデンつくば〉|「第5回農環研サイエンスカフェ 「生き物の世界を分類するまなざし」 開催報告」農業と環境 No.153(2013年1月1日発行)

●第166回農林交流センターワークショップ〈分子系統樹推定法:理論と応用〉2012年10月31日〜11月2日,農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所・情報通信共同利用館(電農館):タイムテーブル

生態学会大会自由集会〈道具としての「形態測定学」- 形態測定学でどこまでやれるか〉 2012年3月17日,龍谷大学草津キャンパス.三中信宏「形態測定学の戦略的展開:過去・現在・未来」.
●第155回農林交流センターワークショップ〈分子系統樹推定法:理論と応用〉2011年10月26日〜28日,農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所・情報通信共同利用館(電農館).受講生募集中

●第141回農林交流センターワークショップ〈分子系統樹推定法:理論と応用〉.2009年11月4日(水)〜6日(金),農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所・情報通信共同利用館(電農館).

●日本生物地理学会第64回年次大会シンポジウム(2009年4月5日(日)開催)

●国際系統進化生物学会(ICSEB)報告

●サイエンス・カフェ〈チャールズ・ダーウィン、200年目の誕生会〉.2009年2月12日(木),18:30〜20:00,東京大学駒場キャンパス・コミュニケーションプラザ南館3階・交流ラウンジ.)
  • コーディネーター:長谷川寿一(東京大学)/ゲスト:長谷川眞理子(総合研究大学院大学)・三中信宏(農業環境技術研究所)

●農環研セミナー〈法面緑化における在来種栽植について〉.2008年12月5日(金),13:30〜16:00,農環研5階中会議室.
  • 三中信宏:「「種」問題とは何か?』とは何か?:種問題(the species problem)とともに生きること」

●〈ISHPSSB Off-year Workshop Kobe〉.2008年11月5日(水)〜7日(金),神戸大学・瀧川記念館.

Systematic Biology and the Species Problem (organized by Nobuhiro MINAKA, November 6, 13:00-15:00)

  1. Nobuhiro MINAKA (Natl. Inst. Agro-Environ. Sci. / Univ. of Tokyo)
    “Introduction - Once again, what is a species?”
  2. Akira SASAKI (Graduate University for Advanced Studies)
    “The principle of species discretization [tentative]”
  3. Keiichi ONOYAMA (A philosophical scientist of our village Earth)
    “The systemic concept of species”
  4. Shigeru KURATANI (Center for Developmental Biology, RIKEN)
    “Homology, recapitulation, and evolutionary novelties”

●第131回農林交流センターワークショップ〈分子系統樹推定法:理論と応用〉.2008年10月6日(月)〜8日(水),農林水産研究情報総合センター・プレゼンテーション室.

日本進化学会第10回大会(22〜24 August 2008,東京大学駒場キャンパス)

●第1回ARGカフェ(→案内).2008年7月12日(土)15:00〜17:00,THE SPACE OF AKIBA3021(秋葉原).
  • ライトニングトーク:三中信宏「学術系メーリングリストのライフステージ:〈EVOLVE〉15年の軌跡から」.

●第52回日本菌学会大会メイン・シンポジウム〈菌類における「種」とは何か〉(三重大学三翠ホール).2008年5月31日(土)13:30〜16:00
  • 招待講演:三中信宏「誰にとって【種】は実在するのか?:「種問題」の現状と展望」.

●第55回日本生態学会シンポジウム〈Phylogenetic Approaches to Community Ecology〉,2008年3月17日(月),8:30〜11:30,福岡国際会議場・5階・Room A
  • 招待講演:MINAKA Nobuhiro「Measuring phylogenetic diversity - some statistical and computational problems」.

●日本行動計量学会第89回行動計量シンポジウム〈複雑系データの解析〉2007年12月1日(土),統計数理研究所.
  • 招待講演:三中信宏「複雑なデータを単純化する:アブダクション的推論の基盤としての最節約原理」.

●京都大学基礎物理学研究所・湯川秀樹記念国際シンポジウム〈What is Life?〉(15〜20 October 2007,コープイン京都)
  • 10月15日に招待講演:MINAKA Nobuhiro「Historical reasoning and abductive inference in phylogenetic reconstruction」.

●日本植物病理学会大会・第24回植物細菌病談話会(1〜2 October 2007,つくば国際会議場)
  • 10月2日に特別講演をする:三中信宏「過去をさかのぼるために:分子系統樹推定の最前線」.→大会プログラム(pdf).

2007年度日本行動計量学会大会(3〜5 September 2007,同志社大学文化情報学部 → 大会サイト
  • 9月3日に特別講演をする:三中信宏「系統推定論と形質コード化問題:データから何を読み取るか」(13:30〜14:30)

日本進化学会第9回大会(31 August〜2 September 2007,京都大学)

●NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)開設10周年記念シンポジウム(16/June/2007)

●日本生物地理学会第62回年次大会シンポジウム(8/April/2007)

●日本生物地理学会第61回年次大会シンポジウム(7/April/2006)

●筑波大学数学系月例談話会(15/September/2005)

●2005年度統計関連学会大会(14/September/2005:広島プリンスホテル)

●2005年度首都大学東京・理学部生物学科「生物学特論」集中講義(9-10, 30/September-1/October/2005)

●2005年度東京大学大学院農学生命科学研究科「保全生態学特論」集中講義(9, 16, 23/June/2005)

●日本生物地理学会第60回年次大会(10/April/2005,立教大学)

●2005年度第52回日本生態学会自由集会(30/March/2005:グランキューブ大阪)

●2005年度第8回植物病害生態研究会(28/March/2005:グランシップ静岡)
  • 〈「親の因果が子に報い」:生物のすべては系統進化の産物である〉での配布資料(pdf 1.4MB)[特別講演]

●2004年度埼玉県農林総合研究センター「生物統計学:実験計画法を中心に」集中講義(9-10/March/2005)

●2004年度千葉大学理学部生物学科「動物系統学II」集中講義(5-6/February/2005)

●2004年度信州大学理学部生物学科「生物統計学」集中講義(26-27/December/2004)

●2004年度東京都立大学理学部生物学科「生物学特論」集中講義(3-4, 24-25/September/2004)

●日本進化学会第6回大会(4-7/Aug/2004,東京大学・駒場キャンパス)
●2004年度東北大学大学院生命科学研究科「生態システム生命科学特論」集中講義(8-9/July/2004)

●2004年度富山大学理学部生物学科「基礎動物形態学」集中講義(19-20 & 26-27/June/2004)

●2004年度日本生物地理学会第59回年次大会企画(11/Apr/2004,立教大学池袋キャンパス)

●2003年度数理統計短期集合研修(20-31/Oct/2003,つくば)

●昆虫分類学若手懇談会シンポジウム(12/Oct/2003,東京農業大学)

●2003年度東京都立大学理学部生物統計学集中講義(12-13&26-27/Sept/2003,八王子)
 ・カリキュラム
 ・R関連の教材→〈租界Rの門前にて〉
 ・アンケート用紙(pdf)→集計結果
大学セミナー・ハウス主催「科学論セミナー」(19-20/Jan/2002,八王子)
 ・科学論セミナーの「趣意書
 ・『生物科学』の「科学論」特集(第55巻1号,1/Oct/2003)

●日本進化学会第5回大会(1-4/Aug/2003,九州大学)
 ・形態測定学「夏の学校」(2/Aug/2003)
  (1)講義1:形態測定学——その歴史と概論
  (2)講義2:見てわかる幾何学的形態測定学
  (3)講義3:輪郭曲線のフーリエ解析
  (4)講義4:モデルベースの理論形態学/総括
 ・進化する系統推定法の最前線はココ!(3/Aug/2003)
 ・非生命体の進化理論(3/Aug/2003)
 ・巨大系統樹の推定のために:最節約法に基づくスタイナー樹の高速計算アルゴリズム[ポスター発表](3/Aug/2003)
 ・生物学的実体とその階層構造(3/Aug/2003)

●書籍情報
 ・2004年刊行——『新編農学大事典』(養賢堂)に「基礎統計学」と「実験計画」の項目執筆.
 ・2004年刊行——『鳥類学辞典』(昭和堂)に系統学関連項目の執筆.
 ・6月30日刊行——関村利朗・野地澄晴・森田利仁編『生物の形の多様性と進化:遺伝子から生態系まで』(裳華房)に,第28章:「生物形態とその変形をどのように定量化するか−幾何学的形態測定学への道−」を執筆(pp.313-328).
 ・6月25日刊行——巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会編『生態学事典』(共立出版)に,系統学(pp.140-1),系統樹作成法(pp.141-2),統計生態学(pp.419-420),ヘッケル(p.502),メンデル(p.535),そしてグールド(p.128)を執筆.

●講義資料など
 ・生物系統学講義資料(筑波大学&東京大学,2003年)
 ・信州大学非常勤講義(生物統計学,2002年)