公刊書籍一覧(出版年順)


Last Modified: 30 March 2017 MINAKA Nobuhiro
    [思考の体系学]
  1. 【著書】三中信宏『思考の体系学:分類と系統から見たダイアグラム論』2017年4月刊行予定,春秋社,東京 → 目次コンパニオン・サイト

  2. 【著書】三中信宏『統計思考の世界:曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎[仮題]』2017年刊行予定,技術評論社,東京 → 目次案

  3. 【分担】Ritsuko Kikusawa and Lawrence A. Reid (eds.), Let’s Talk about Trees: Tackling Problems in Representing Phylogenetic Relationships among Languages. Senri Ethnological Studies. National Museum of Ethnology, Ōsaka. 2017 [in press] ※Nobuhiro Minaka: Tree and network in systematics, philology, and linguistics – Structural model selection in phylogeny reconstruction を執筆した.

  4. [できる研究者の論文作成メソッド]
  5. 【寄稿】ポール・J・シルヴィア[高橋さきの訳]『できる研究者の論文作成メソッド:書き上げるための実践ポイント』2016年12月12日刊行,講談社サイエンティフィク,東京※推薦文:三中信宏「推薦の言葉:日本語版刊行にあたって — せっかく書くなら、こう書こうよ! アナタもきっと幸せになれる本」(pp. iv-v)を寄稿した.

  6. [The Future of Phylogenetic Systematics]
  7. 【分担】David M. Williams, Michael Schmitt, and Quentin D. Wheeler (eds.), The Future of Phylogenetic Systematics – The Legacy of Willi Hennig. 2016年6月刊行, Cambridge University Press[The Systematics Association Special Volume Series: 86], Cambridge → 目次.※Chapter 17: MINAKA Nobuhiro 2016. Chain, tree, and network: The development of phylogenetic systematics in the context of genealogical visualization and information graphics. Pp. 410-430 を執筆した.

  8. [植物学の百科事典]
  9. 【辞書】日本植物学会(編)『植物学の百科事典』2016年6月30日刊行,丸善出版,東京※分岐図と系統樹(項目執筆)は pp. 180-181 に掲載.

  10. [科学者の目、科学の芽]
  11. 【寄稿】岩波書店編集部(編)『科学者の目、科学の芽』2016年4月22日刊行,岩波書店[岩波科学ライブラリー・248],東京※三中信宏「「路上観察学」的アンテナを張りめぐらす」(pp. 108-111)を寄稿した.

  12. [統計学の王国を歩いてみよう]
  13. 【著書】三中信宏『みなか先生といっしょに 統計学の王国を歩いてみよう:情報の海と推論の山を越える翼をアナタに!』2015年6月5日第1刷刊行|2017年3月15日第2刷刊行,羊土社,東京→ 版元ページ詳細目次コンパニオン・サイト

  14. [できる研究者の論文生産術]
  15. 【寄稿】ポール・J・シルヴィア[高橋さきの訳]『できる研究者の論文生産術:どうすれば「たくさん」書けるのか』2015年4月7日刊行,講談社サイエンティフィク,東京※推薦文:三中信宏「推薦の言葉:日本語版刊行にあたって — 千字の文も一字から:これなら書ける!究極の指南書登場」(pp. vii-viii)を寄稿した.

  16. [サイエンス・ブック・トラベル]
  17. 【寄稿】山本貴光(編)『サイエンス・ブック・トラベル:世界を見晴らす100冊』2015年3月30日刊行,河出書房新社,東京※三中信宏「生物の分類や進化は科学的に研究できるのか?」(pp. 92-97)を執筆した.

  18. [系統樹大全]
  19. 【翻訳】マニュエル・リマ[三中信宏訳]『THE BOOK OF TREES — 系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラフィックス』2015年3月19日刊行,ビー・エヌ・エヌ新社, 東京 → コンパニオン・サイト

  20. [ふしぎのお話365]
  21. 【寄稿】自然史学会連合(監修)・子供の科学(特別編集)『理科好きな子に育つ ふしぎのお話365 — 見てみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック』2015年2月10日刊行(誠文堂新光社)に寄稿:※三中信宏「大昔の進化の歴史はどうやって調べるの?」(p. 51)を寄稿した.

  22. [系統樹の森]
  23. 【著書】三中信宏(監修)・杉山久仁彦(著)『系統樹の森:系統樹の森で学んだこと』2014年11月29日刊行(非売品)

  24. [本の世界]
  25. 【分担】松田隆美・徳永聡子(編著)『世界を読み解く一冊の本』2014年10月10日第1刷刊行|2015年8月10日第2刷刊行,慶應義塾大学出版会[平成25年度極東証券寄付講座〈文献学の世界〉],東京※三中信宏「生物・言語・写本 —— 系統推定論の歴史とその普遍性について」(pp. 219-239)を執筆した.

  26. [行動生物学辞典]
  27. 【辞書】上田恵介他(編)『行動生物学辞典』2013年11月刊行,東京化学同人,東京※項目執筆:「大進化(p. 329)」「小進化(p. 252)」「節約(p. 305)」「系統的制約(p. 146)」「調和的アルゴリズム(pp. 365-366)」「系統学(pp. 145-146)」「分岐図(p. 473-474)」「種選択(p. 242)」「進化生物学(p. 264)」「「種の利益」説(p. 244)」「目的論(p. 526)」「ナイルズ・エルドリッジ(p. 49)」「スティーヴン・ジェイ・グールド(pp. 134-135)」

  28. [自然を名づける]
  29. 【翻訳】キャロル・キサク・ヨーン[三中信宏・野中香方子訳]『自然を名づける:なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか 』2013年9月3日第1刷刊行/2013年11月28日第2刷刊行/2014年2月7日第3刷刊行,NTT出版,東京 → 版元ページコンパニオンサイト

  30. [成長]
  31. 【分担】高桑和巳(編)『成長:生命の教養学IX』2013年9月30日刊行,慶應義塾大学出版会[慶應義塾大学教養研究センター・極東証券寄附講座〈生命の教養学〉シリーズ],東京※三中信宏「成長と進化思考」(pp. 223-250)を執筆した.

  32. [生物学辞典・第5版]
  33. 【辞書】巌佐庸・倉谷滋・斎藤成也・塚谷裕一(編)『生物学辞典・第5版』2013年2月刊行,岩波書店,東京※「種」関連16項目・「数量分類学(p. 728)」・「共表形相関係数(p. 322)」ならびに「形態測定学(p. 391)」執筆

  34. [系統樹曼荼羅]
  35. 【著書】三中信宏(文)・杉山久仁彦(図版)『系統樹曼荼羅:チェイン・ツリー・ネットワーク』2012年11月16日第1刷刊行|2014年3月7日第2刷刊行,NTT出版,東京 → 版元ページコンパニオンサイト

  36. [進化が語る 現在・過去・未来]
  37. 【著書】三中信宏(編)『進化が語る 現在・過去・未来』2012年6月20日刊行,日経サイエンス社/日本経済新聞出版社[別冊日経サイエンス・No. 185],東京

  38. [進化:生命のたどる道]
  39. 【寄稿】カール・ジンマー[長谷川眞理子監修]『進化:生命のたどる道』2012年5月29日刊行,岩波書店,東京※コラム:三中信宏「進化思想のルーツは「暗黒の中世」を突き抜ける」(pp. 36-37)を寄稿した.

  40. [文化系統学への招待]
  41. 【著書】中尾央・三中信宏(編)『文化系統学への招待:文化の進化パターンを探る』2012年5月25日第1刷刊行|2012年10月10日第2刷刊行,勁草書房, 東京

  42. [進化学事典]
  43. 【辞書】日本進化学会(編)『進化学事典』2012年4月25日刊行,共立出版,東京※項目執筆と編集作業.担当項目:種概念(pp. 762-765),分類学(pp. 872-877),生物地理学(pp. 891-895),形態測定学(pp 740-745),進化学の歴史(pp. 898-904),収斂(pp. 723-724),および三中信宏・斎藤成也:付録1「進化研究に大きな貢献をした研究者」(pp. 915-927)と付録2「進化学史年表」(pp. 928-930)

  44. [眠れなくなる進化論の話]
  45. 【分担】ハインツ・ホライス,矢沢潔,三中信宏,河田雅圭,長野敬『眠れなくなる進化論の話:ダーウィン、ドーキンズから現代進化学まで全部みせます』2011年12月刊行,技術評論社,東京※第4章:三中信宏「ネオ・ダーウィニズム2:ダーウィニズムは黄昏から再興へ」(pp. 105-126 & 242-244[引用文献リスト])を執筆した.

  46. [科学者の本棚]
  47. 【寄稿】「科学」編集部(編)『科学者の本棚:『鉄腕アトム』から『ユークリッド原論』まで』2011年9月27日第1刷刊行|2012年1月10日第2刷刊行,岩波書店,東京※三中信宏「「本で学ぶ」ことを学ぶ」(pp. 29-32)を寄稿した.

  48. [思想地図β・1]
  49. 【分担】『思想地図β』2011年1月1日第1刷刊行|2011年1月15日第2刷刊行|2011年2月10日第3刷刊行|2011年3月10日第4刷刊行,コンテクチュアズ,東京※三中信宏「系譜の存在パターンと進化の生成プロセス」(pp. 208-226[英文要旨,p. 336])を執筆した.

  50. [生物学辞典]
  51. 【辞書】石川統他(編)『生物学辞典』2010年12月刊行,東京化学同人,東京※生物統計学・生物系統学など約40項目を執筆

  52. [進化思考の世界]
  53. 【著書】三中信宏『進化思考の世界:ヒトは森羅万象をどう体系化するか』2010年9月25日刊行,日本放送出版協会[NHK Books: No. 1164],東京 → コンパニオン・サイト

  54. [進化論はなぜ哲学の問題になるのか]
  55. 【分担】松本俊吉(編)『進化論はなぜ哲学の問題になるのか:生物学の哲学の現在』2010年7月20日第1刷刊行|2010年10月15日第2刷刊行,勁草書房,東京 → 第一刷目次版元ページ※第7章:三中信宏「系譜学的思考の起源と展開:系統樹の図像学と形而上学」(pp. 141-162)を執筆した.

  56. [進化の運命]
  57. 【翻訳】サイモン・コンウェイ=モリス[遠藤一佳・更科功訳]『進化の運命:孤独な宇宙の必然としての人間』2010年7月刊行,講談社,東京※編集協力した.

  58. [過去を復元する(新版)]
  59. 【翻訳】エリオット・ソーバー[三中信宏訳]『過去を復元する:最節約原理,進化論,推論』2010年4月20日刊行,勁草書房,東京 → 版元ページコンパニオンサイト

  60. [生物にとって自己組織化とは何か]
  61. 【翻訳】スコット・カマジン,ジャン-ルイ・ドノブール,ナイジェル・R・フランクス,ジェームス・シュナイド,ギ・テロラ,エーリック・ボナボ(松本忠夫・三中信宏共訳)『生物にとって自己組織化とは何か:群れ形成のメカニズム』2009年4月刊行,海游舎,東京

  62. [分類思考の世界]
  63. 【著書】三中信宏『分類思考の世界:なぜヒトは万物を「種」に分けるのか』2009年9月20日第1刷刊行|2009年10月8日第2刷刊行|2009年12月3日第3刷刊行|2013年7月26日電子本刊行|2015年5月8日第4刷刊行,講談社[現代新書2014],東京 → 版元ページコンパニオンサイト

  64. [系統樹思考の世界]
  65. 【著書】三中信宏『系統樹思考の世界:すべてはツリーとともに』2006年7月20日第1刷刊行|2006年8月4日第2刷刊行|2009年12月18日第3刷刊行|2010年5月10日第4刷刊行|2011年10月7日第5刷刊行|2013年6月28日電子本刊行|2015年4月14日第6刷刊行,講談社[現代新書1849],東京 → 版元ページコンパニオンサイト|「さらに知りたい人のための極私的文献リスト」を公開

  66. [中尾佐助著作集]
  67. 【寄稿】『中尾佐助著作集・第V巻:分類の発想』2005年12月刊行,北海道大学図書刊行会,札幌※月報5:三中信宏「書かれなかった「最終章」のこと:中尾佐助の分類論と分類学について」(pp.1-4)を寄稿した.

  68. [植物育種学辞典]
  69. 【辞書】日本育種学会(編)『植物育種学辞典』2005年9月刊行,培風館,東京※進化・系統学関連項目執筆

  70. [鳥類学辞典]
  71. 【辞書】山岸哲・森岡弘之・樋口広芳編『鳥類学辞典』2004年9月刊行,昭和堂出版,京都※系統学関連項目執筆

  72. [農学大事典]
  73. 【辞書】山崎耕宇・久保祐雄・西尾敏彦・石原邦監修『新編 農学大事典』2004年5月刊行,養賢堂, 東京.生物統計学関連項目(「基礎統計学」および「実験計画」)執筆

  74. [生物の形の多様性と進化]
  75. 【分担】関村利朗・野地澄晴・森田利仁(編)『生物の形の多様性と進化:遺伝子から生態系まで』2003年6月30日刊行,裳華房,東京 → 目次※三中信宏「生物形態とその変形をどのように定量化するか:幾何学的形態測定学への道」(pp. 313-328)を執筆した.

  76. [生態学事典]
  77. 【辞書】巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会編『生態学事典』2003年6月刊行,共立出版,東京※進化・系統学関連項目執筆(統計生態学,系統樹作成法,系統学,メンデル,グールド,ヘッケル)

  78. [医学大辞典]
  79. 【辞書】『医学大辞典』2003年3月刊行,医学書院, 東京※系統・分類関連項目執筆(15項目)

  80. [批判的合理主義2]
  81. 【分担】ポパー哲学研究会(編)『批判的合理主義・第2巻:応用的諸問題』2002年8月30日刊行,未來社,東京 → 目次※三中信宏・鈴木邦雄「生物体系学におけるポパー哲学の比較受容」(pp. 71-124)を執筆した.

  82. [複雑系の事典]
  83. 【辞書】「複雑系の事典」編集委員会(編)『複雑系の事典:適応複雑系のキーワード150』2001年1月刊行, 朝倉書店, 東京※項目執筆:「断続平衡」「絶滅」「進化可能性/適応可能性」「メタ進化学」, pp.159-161, 203-204, 227-228, 381-384.

  84. [古生物の形態と解析]
  85. 【分担】棚部一成・森啓(編)『古生物の形態と解析』1999年11月30日刊行,朝倉書店[古生物の科学・第2巻],東京 → 目次※三中信宏「形態測定学」(pp. 61-99)を執筆した.

  86. [現代によみがえるダーウィン]
  87. 【著書】長谷川眞理子・三中信宏.矢原徹一『現代によみがえるダーウィン』1999年4月1日刊行,文一総合出版[ダーウィン著作集・別巻1],東京 → 目次

  88. [古生物の総説・分類]
  89. 【分担】速水格・森啓(編)『古生物の総説・分類』1998年9月10日刊行,朝倉書店[古生物の科学・第1巻],東京 → 目次※三中信宏「系統分類学の原理と方法」(pp. 60-68)を執筆した.

  90. [生物系統学]
  91. 【著書】三中信宏『生物系統学』1997年12月15日第1刷刊行|1999年10月15日第2刷刊行|2004年9月15日第3刷刊行|2012年9月14日第4刷刊行, 東京大学出版会[ナチュラル・ヒストリー・シリーズ], 東京 → コンパニオン・サイト文献リスト

  92. [環境用語辞典]
  93. 【辞書】横山長之・市川惇信編『環境用語辞典』1997年5月刊行,オーム社, 東京※生物多様性分野の編纂と項目執筆.

  94. [過去を復元する]
  95. 【翻訳】エリオット・ソーバー[三中信宏訳]『過去を復元する:最節約原理・進化論・推論』1996年7月15日刊行,蒼樹書房,東京 → コンパニオン・サイト

  96. [生物学辞典・第4版]
  97. 【辞書】八杉龍一・小関治男・古谷雅樹編・日高敏隆(編)『生物学辞典・第4版』1996年3月刊行,岩波書店,東京※進化学・系統学関連領域の項目選定と項目執筆

  98. [動物の自然史]
  99. 【分担】馬渡峻輔(編)『動物の自然史:現代分類学の多様な展開』1995年12月刊行,北海道大学図書刊行会, 札幌※三中信宏「分岐分析にもとづく系統推定の論理とその応用:系統樹推定と祖先形質復元」(pp.183-203, 264-266[文献リスト])を執筆した.

  100. [オックスフォード動物行動学辞典]
  101. 【翻訳】D・マクファーランド(編)[木村武二監訳|浦野明央・桜井勝・堂前雅史・林進・樋口広芳・廣野喜幸・町田武生・松本明・松本忠夫・三中信宏・山内兄人・和田勝共訳]『オックスフォード動物行動学辞典』1993年11月刊行,どうぶつ社, 東京

  102. [分子進化実験法]
  103. 【分担】『新生化学実験講座第16巻:分子進化実験法』1993年3月刊行,東京化学同人,東京※三中信宏・斎藤成也「系統樹作成法:最大節約法」(pp.380-395)を執筆した.

  104. [ニワトリの歯(下)] [ニワトリの歯(上)]
  105. 【翻訳】スティーヴン・ジェイ・グールド著[渡辺政隆・三中信宏訳]『ニワトリの歯:進化論の新地平(上・下)』1988年10月刊行,早川書房, 東京|1997年11月刊行, 早川書房[早川文庫NF 219, 220], 東京