images/image1.jpg

Home
oude dagboeken

日録2021年4月


11 april 2021(日)※オンライン南極お座敷

◆午前6時起床.晴れ.気温2.9度はかなりの冷え込み方.北東の風.日曜の朝は〈いばらキッス〉の紅白いちご.

◆清々しい観音台へ.今日も午後からは “zoom 席亭” お務め.午前中はそのしたくを.ひさしぶりに InDesign でスライドをつくらないと.

◆本日午後のお座敷 —— 日本生物地理学会第75回大会シンポジウム〈南極の生物地理学:南極観測隊員が見た極地に生きる動植物〉2021年4月11日(日)15:00〜17:30.直前宣伝打ちまくりが終わったので,これからランチ〜

—— 生物地理学会としては初のオンライン大会だったが,大過なく終わってよかった.

◆[蒐書日誌]『読む・打つ・書く』ネット書店のうちアマゾンhonto楽天はすでに予約可能になっている.

◇本日の総歩数=2,810歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 83.80kg(+0.10kg) / 30.8%(+0.6%)

10 april 2021(土)※オンライン席亭業務日

◆午前6時半のろのろ起床.晴れ.気温4.7度.北東の風.

◆朝の観音台はすっきり青空.この週末は日本生物地理学会オンライン大会の “zoom席亭” としての業務に専念する.評議員会 10:00〜11:00|市民シンポジウム 13:00〜18:00.

  • [つくば]オンライン評議員会だん. posted at 11:15:07
  • [つくば]zoom 席亭業務なう. posted at 13:20:34
  • [つくば]本日の zoom 席亭の業務だん. posted at 17:29:09

◆[蒐書日誌]週末の “オンライン席亭” の仕事から帰宅したら,まことに心安らぐ古書が届いていた:靑木正兒『酒中趣』(1962年6月5日刊行,筑摩書房,東京, 2 plates + 287 pp.)※昭和30年代当時の函入りクロス装幀の手触りのよさをしみじみ実感する.本書のうち,第1部「抱樽酒話」(pp. 11-95)と第2部「酒の肴」(pp., 97-194)はのちに岩波文庫に入った:青木正児『酒の肴・抱樽酒話』(1989年6月16日刊行,岩波書店[岩波文庫・青165-2],東京,238 pp., ISBN:4-00-331652-5 → 版元ページ).しかし原本後半の第3部「酒顚」(pp. 195-287)は文庫化されなかった.

◇本日の総歩数=2,711歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 83.70kg(−0.60kg) / 30.2%(+0.3%)

9 april 2021(金)※花水木が映える観音台

◆午前5時起床.晴れ.気温5.2度はかなりの冷え込み.東北東の風.青空が広がる観音台は一年でもっとも過ごしやすい季節になった.最低気温は3.8度まで下がり,しかたなく長袖出勤.午前8時には9.3度.日中はほどよく暖かくなるだろう.花水木が開き始めた.

◆昨夜の “天の声” に導かれるまま,今朝は Lasserra Pomodori Pelati のトマトパスタが登場.EVオリーブオイルをにんにくで香りづけ.ポモドーリ・ペラーティのざく切りを混ぜ,茹で上げパスタと和えるだけ.塩胡椒など調味は不用.美味すぎる.何人も “das Ewig-Weibliche” には逆らえない.Lasserra のこのホールトマトは,よくある “トマト水煮” とはちがって,トマトを丸ごとそのまま塩とバジルとともに瓶詰め湯煎したもの.未開栓での保存期間がとても長い.つくば住民だったら,休日ともなれば他県ナンバーの車がひしめく流星台の “あのお店” で手に入るはず.すぐ直行せよ.

◆今日のカプサイシン修行ランチは〈コワタイ〉新メニューの「パッ・キーマオ(ผัดขี้เมา)」.きしめんのような幅広の米粉麺に魚介と肉と野菜が炒め合わされている.激辛.

◆[欹耳袋]日本計量生物学会ウェブサイトが一新されました.

◆本日の進捗 —— 『読む・打つ・書く』三校ゲラの本文チェック完了.三匹の “蟲” を捕獲して駒場に報告した.残るは文献リストだが,これは一休みしないと力強い “ビーティング” ができない.

◆この週末はオンライン席亭業務.

◇本日の総歩数=3,012歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 84.30kg(+0.15kg) / 29.9%(−0.2%)

8 april 2021(木)※本郷遠隔高座の幕開き

◆午前5時前起床.雲が多い.気温6.9度.東北東の風.春霞の観音台は見上げれば青空.さわやかな冷気に包まれている.午前8時の気温は11.9度.南南西の風.居室の窓を全開にして邪気を吹き払う.

◆今朝のBGM はマーラー8番.千人も “密” になられたら困るけど,創造主なる聖霊 Creator Spiritus に降臨していただいてしっかり原稿を書こう.

◆午前の┣┣" 撃ち —— 三校ゲラともなるとさすがに “遠目” でゆるゆるチェックするだけの心の余裕がにじみ出る.(初校とか再校だと目が血走る)

◆〈千人の交響曲〉終曲.さすが das Ewig-Weibliche が登場すると高みへと連れて行かれる.

◆今日の昼餉は九条ねぎがかなり多めのきつね丼.

◆午後の┣┣" 撃ち —— 今日は本郷オンライン高座「生物統計学」の初日だ.

  • #TodaiStat 生物統計学zoom会議室の開室準備真っ最中. posted at 14:24:18
  • #TodaiStat 14:55スタートです. posted at 14:50:30
  • #TodaiStat このハッシュタグを生物統計学用に使っています.>受講生諸氏 posted at 15:22:39
  • #TodaiStat もう60名近く入室してますねー.今年は多い. posted at 15:27:44
  • #TodaiStat 初日の講義だん.お疲れさまでした.Rまわりのフシアワセについてはのちほど Slack で個別対応いたします. posted at 16:39:34

—— 初日は予想通り R にまつわるフシアワセが何人かの受講生に憑依した.Slack チャンネルを利用してひとりひとりの個別対応がしばらく続きそう.

◆今宵は旬の春キャベツの野菜カレーが食卓に登場した.玉ねぎ・しょうが・にんにくでいつものカレールーづくり.ピエモンテの丸ごとホールトマト詰め「ラッセッラ・ポモドーリ・ペラーティ(Lasserra Pomodori Pelati)」をふんだんに使い,新じゃがとピーマンと春キャベツを時間差で投入し,青唐辛子でカプサイシン増強.この「ポモドーリ・ペラーティ」はただものではない.そんじょそこらの「トマトの水煮」とはまったく異次元の味わいがする.ピエモンテおそるべしおそるべし.カレーソースに使ってしまって申し訳ない気さえする.間髪入れず「あー,このポモドーロはそのままパスタに絡めて食べなアカンやんか」という “天の声” が聞こえ,おお,その手もあったかと残り半分の使い道を思案する夜.

◆[蒐書日誌]David M. Diez, Mine Çetinkaya-Rundel, and Christopher D. Barr[国友直人・小暮厚之・吉田靖訳]『データ分析のための統計学入門pdf [21.1 MB: open access] ※原書:D. M. Diez, M. Çetinkaya-Rundel, and C. D. Barr 2019. OpenIntro Statistics, Fourth Edition website の日本語版.400ページ超.確率論・統計学の基礎から始まり,カテゴリカル・データと量的データの統計分析,さらに線形回帰・重回帰・ロジスティック回帰まで含む.

◆『読む・打つ・書く』のアマゾン・ページもすでにできていたが,「一時的に在庫切れ」もなにも,まだブツはできてないもんねー.

◇本日の総歩数=2,390歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 84.15kg(−0.10kg) / 30.1%(+0.3%)

7 april 2021(水)※いきなり販促スイッチ

◆午前5時前起床.晴れ.気温4.2度とさらなる冷え込み.西北西の風.朝餉の食卓に “一つ目” が通った.今朝の最低気温は3.9度.朝日が差す観音台はまだ冷えたまま.午前8時を過ぎてやっと10度ラインを超えた.朝イチの BGM はマーラー5番.こういう清々しい朝には Trauermarsch の葬送の旋律がとても心地よい.

◆午前の┣┣" 撃ち —— ITC-LMS の「オンライン授業情報」などという専用の欄があることをいま初めて知ったんですけど……./明日の「生物統計学」zoom 会議室の URL は ITC-LMS の「オンライン授業情報」にもアナウンスした.

◆日差しが強い昼休みはロングコース徘徊.気温は16度台の暖かさになった.歩き読み本:川田伸一郎『アラン・オーストンの標本ラベル:幕末から明治、海を渡ったニッポンの動物たち』(2020年11月30日刊行,ブックマン社,東京, ii+262 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-89308-937-3 → 版元ページ)読了.複雑な人間関係に分け入る著者の根性に感服.

◆[欹耳袋]ダーウィン『種の起源』の版異同を可視化したこのアニメーションが今も見られるのはすばらしい.Thank you, Ben Fry, for making this animation available!.

◆[蒐書日誌]いきなり販促スイッチがオンに —— 三中信宏『読む・打つ・書く —— 読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』(2021年6月15日刊行予定,東京大学出版会[東京大学出版会創立70周年記念出版],東京, ca. 360 pp., 本体価格2,800円(税込価格3,080円), ISBN:978-4-13-063376-5 → 詳細目次版元ページ)の三校ゲラが着弾と同時に版元ページが公開された.大々的な “蟲捕り大作戦” は終わったので,あとは心安らかに素読みすればいいだろう.ノンブルが確定したので,詳細目次も公開.残る作業は索引づくりだけか.あとは販促イノチ.売らいでか!

◇本日の総歩数=9,101歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 84.25kg(−0.45kg) / 29.8%(0.0%)

6 april 2021(火)※若葉の季節の花冷えに

◆午前5時前起床.晴れ.気温6.1度の冷え込み.北風.昨日の雨雲が東に去って,観音台はすっきり青空が広がっている.午前8時の気温は10.2度と冷たい北風のせいでまだひんやりしている.桜の季節が過ぎれば,続いて躑躅と花水木のシーズンがやってくる.新緑ですなあ.

◆午前の┣┣" 撃ち —— 生物統計学高座 Slack にひとりまたひとりと受講予定者が入ってくる./Parallels Desktop の Win 10 が大々的に〈更新の祭典〉を挙行中.【設問】R(macOS と Win10)パッケージ群の更新がやっと終わったあとで,R 本体が 4.0.5 にアップデートされていたことを知ってしまったユーザーのやるせなさについて140字以内で述べよ」.

◆[欹耳袋]西日本新聞「とめ、はねで1年生に0点 先生、厳しすぎませんか?」(2021年4月4日)※ “完全な字体” とか “正しい書き順” などというものはそもそも「ない」でしょ.気にするほどのことではない.

◆本日の進捗 —— 次の章へ.

  • [蒐書日誌]第1章309字だん. posted at 15:33:29
  • [蒐書日誌]第1章238字だん. posted at 16:04:43
  • [蒐書日誌]第1章237字だん. posted at 16:22:39

◆日中の最高気温は14.5度.終日冷たい北風が吹いて肌寒かった.典型的な花冷え.夕餉は「春キャベツと野芹としらすのアーリオオーリオ」.ちょっとだけペペロンチーノ風味.

◆[欹耳袋]京都新聞「法案ミス、不慣れなワープロソフト原因か 議員が指摘「若手職員には『一太郎』の経験少ない人も」」(2021年4月3日)※行数と字数が固定されているのなら Adobe InDesign で書式指定して法案テクストを流し込んだらすむのでは(TeXでもできるか).

◇本日の総歩数=4,106歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 84.70kg(+0.25kg) / 29.8%(0.0%)

5 april 2021(月)※春雨に濡れる農林団地

◆午前5時過ぎ起床.春雨.気温15.3度.西風.春雨に濡れる観音台.昨日からの雨で桜はすっかり散り果てていた.午前8時の気温は16.0度.北東の風.

◆午前の┣┣" 撃ち —— #TodaiStat 今日から本郷の春学期(Sセメスター)が始まってしまったので,今になって ITC-LMS の新しいマニュアル(185ページ)を読み始めるあわただしい年度スタート.「生物統計学」zoom 講義の初日は今週木曜4限./ITC-LMS に「お知らせ」を流した.zoom 高座の URL と Slack の部屋についても順次アナウンス./「生物統計学」zoom 会議室 URL とともに Slack チャンネルの招待リンクを ITC-LMS にアナウンスした./オンライン講義担当のTA配置について本郷にじたばたとお願いをしてみたり./TAはすでに配置済みとの返信あり.善哉善哉.

◆[蒐書日誌]春雨とともに届いたいただきもの3冊.ご恵贈ありがとうございます ——

  1. アダム・クチャルスキー[日向やよい訳]『感染の法則:ウイルス伝染から金融危機、ネットミームの拡散まで』(2021年3月5日刊行,草思社,東京, 447 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-7942-2504-7 → 版元ページ)※書評対象本として.
  2. 井原泰雄・梅﨑昌裕・米田穣(編)『人間の本質にせまる科学:自然人類学の挑戦』(2021年3月24日刊行,東京大学出版会,東京, xii+280 pp., 本体価格2,500円, ISBN:978-4-13-062228-8 → 版元ページ
  3. マーク・ミーオドヴニク[松井信彦訳]『Liquid 液体:この素晴らしく、不思議で、危ないもの』(2021年4月20日刊行,インターシフト,東京, 283 pp., 本体価格2,200円, ISBN:978-4-7726-9572-5 → 版元ページ

◆午後の┣┣" 撃ち —— 来月の計量生物学会オンライン大会参加申込.ネットで参加費支払い完了./zoom と Slack の設定はすべて終わったので,次は R 周りのしたくか./「R三点セット」の事前インストールに関するお願いを ITC-LMS にアナウンスした.

◆本日の進捗 ——

  • [つくば]プロローグさらに353字加筆だん.書影1葉追加.計6,467字.さて,次の章に進みましょうかね. posted at 09:12:01

◆夕方になっても,いささか冷たすぎる春雨がまだしとしと降っている.日中の気温は単調に低下し,午後5時の今は9.8度とひさしぶりの冷え込みになった.今日は半袖出勤しなくて正解だった.

◆降り続いた春雨はやっと止んだが,気温はさらに下がって午後8時には8.6度の肌寒さ.今宵は鰤の切り身があったので,春らしい一品として,EVオリーブオイルでマリネして,筍と新玉ねぎと新じゃがとともにオーブンでローストした.いかにも春やろ.

「筍と鰤のロースト」【食材】筍(下準備済み・大1本)・鰤切り身(6枚)・新玉ねぎ(2個)・新じゃが(大1個)・野芹(たくさん)・EVオリーブオイル(大さじ3)【調味料】ローズマリー(生葉)・タイム(生葉)・ブラックペパー(粉末)・岩塩.

  1. 筍は8等分に縦割りする.
  2. 鰤は塩(分量外)を強めに振ってしばらく置いたのち,熱湯をかけて霜降りにする.その後,岩塩とブラックペパーをまぶす.
  3. 2 の鰤にローズマリーとタイムの葉を散らし,EVオリーブオイルをまわしかけて半時間ほどマリネする.
  4. 玉ねぎは皮をむいて丸ごと輪切りに,新じゃがは皮付きのまま輪切りにする.
  5. オーブンを230度に設定して予熱する.
  6. オーブン皿に 3 の鰤を並べ,1 の筍と 4 の野菜類を周囲に置いてから15分ローストする.
  7. 野芹は軽く水洗いして大皿に敷き詰める.6 が焼き上がったら熱いうちに盛り付けて食卓へ.酸味のある柑橘を添えてもよい.

このメインディッシュにあわせて,東出雲・王祿酒造の〈超王祿〉BY2020無濾過純米を抜栓.これくらい強力なのを用意しないと脂の乗った鰤に負けてしまうので.

レシピ → het dagelijkse keukenleven「筍と鰤のロースト」.

◇本日の総歩数=2,955歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 84.45kg(0.00kg) / 29.8%(−0.1%)

4 april 2021(日)※枝垂れ桜の咲く丘の上

◆午前7時半のろのろ起床.曇り.気温16.3度.南風.

◆[欹耳袋]毎日新聞「教員志望者は芸人から表現力学べ 東京理科大が科目新設」(2021年3月16日)※「芸人やタレントと教員に求められる能力は共通する部分がある」—— まったくそのとおりだと思いますね.教壇での “藝人” としての心得はつねに必要です.

◆天気が下り坂との予報だったので,早い時間帯に石岡の〈常陸風土記の丘〉へ.今が盛りの枝垂れ桜を愛でつつ園内を一回り.予想に反して青空が広がったので,予想以上に人出が多かった.ランチは同じ石岡の〈Chez やなぎさわ〉へ.彩り豊かな前菜,京くれない人参スープ,そして鯛とヒラメが舞踊るメインの一皿をいただいた.

◆帰り道,予報通り雨が降り出した.そのまま夜もしとしと降り続く雨.しかし,原稿執筆に休みなし.

  • [つくば]プロローグ233字加筆だん. posted at 21:31:01
  • [つくば]プロローグ150字加筆だん.これで加筆終了.計6,037字. posted at 21:54:54

◇本日の総歩数=4,104歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 84.45kg(−0.15kg) / 29.9%(−0.1%)

3 april 2021(土)※新年度の執筆自己加圧

◆午前6時半起床.雲が多い.気温11.9度.北北西の風.溶かした十勝ラクレットを茹でた新じゃがにたっぷりからめる週末の朝餉の快楽.

◆お昼前の観音台.農林団地は桜吹雪から葉桜へと季節が移りゆく.昼前の気温はすでに19.8度.さわやかな南東風が吹き抜ける居室.

  • [つくば]プロローグ514字だん. posted at 12:53:16
  • [つくば]プロローグ1,089字だん. posted at 14:06:54
  • [つくば]プロローグ1,054字だん. posted at 15:16:15
  • [つくば]プロローグ490字だん. posted at 15:44:07
  • [つくば]プロローグ586字だん.以上でプロローグ終了.計5,610字. posted at 16:24:06

◆夕暮れ時のむしやしない.こんな精緻な仕上がりは〈フルーツピークス〉にまかせるしかない.

◆今日も暖かい一日で,午後の最高気温は21.5度まで上がった.今宵の夕餉はささやかに土鍋筍ご飯(第二弾)と〈伊根満開〉の炭酸割り.なんとヘルシーな夜であることか.

◇本日の総歩数=3,378歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 84.60kg(−0.40kg) / 30.0%(+0.7%)

2 april 2021(金)※朝餉にフェタが登場し

◆午前5時前起床.薄曇り.気温12.3度.北東の風.農林団地の桜並木は日に日に路面が桜色に染まってきた.これで一雨降れば,今年のお花見シーズンは閉幕となるだろう.

◆今日の朝餉の主役はギリシャのフェタチーズ.日本だとたいてい小さな角切りがオリーブオイル漬けになって売られていることが多いが,めずらしくお豆腐サイズの大きいのが手に入った.そのままだと塩分がやや強いので,牛乳にしばし浸して塩抜き後,野菜サラダの上にトッピングし,崩して食べる.ギリシャの街の食堂で出される野菜サラダ(ホリアティキ・サラタ Χωριάτικη σαλάτα )にはカットしないままの食パンくらいある大きなフェタがドン!と鎮座していた(→ ICSEB 2002).ギリシャのオリーブオイルをまわしかけてわしわし食べた記憶がよみがえる.それに比べれば,今朝のサラタは可愛いものだ.

◆午前の┣┣" 撃ち —— 新年度になってなろの研究組織とその名称ががらがらと変わったのだが,なろの中にいるわれわれにとっては,そんなことは日常茶飯事なので,ほとんど何も気にしてはいない.日々の仕事に実質的な影響はまったくないからだ.たとえば,ワタクシのいる部署は「土壌環境管理研究領域」と名称が変わった.若手の研究員には「畑違いの “土壌” の研究をしなければならないのでは?」と不安がる向きもあるが,心配無用.五年経てば次の中期計画でまたまたまるっとネーミングが変わるんだから.単なる看板に over-fitting するのは健康に良くない.中期計画の期間が終わるたびに組織のスクラップ&ビルドをすれば「何か良くなるにちがいない」という “空気” が漂っているんだろうが,その儚い希望は過去繰り返し “反証” されてきた.

◆[蒐書日誌]一昨日,すずらん通りの東京堂出版にてレジにお連れした新刊2冊 ——

  1. 八木健治『羊皮紙のすべて』(2021年3月10日刊行,青土社,東京, 16 color plates + 508 + iv pp., 本体価格4,200円, ISBN:978-4-7917-7350-3 → 版元ページ)※計500ページ超.前半の「基礎編」では羊皮紙の歴史から製法・使用に関する概説,後半の「実践編」では印刷から修復まで説明する.カバージャケットは羊皮紙.手触りとても心地よし.
  2. 植木朝子『虫たちの日本中世史:『梁塵秘抄』からの風景』(2021年3月1日刊行,ミネルヴァ書房[叢書〈知を究める〉・19],京都, vi+327+11 pp., 本体価格3,000円, ISBN:978-4-623-09058-7 → 版元ページ)※蝶・蛍・蜻蛉・蟷螂・蟋蟀・虱・蜘蛛・稲子麿などなど中世の人々の生活と昆虫との関わりを描く.とてもめずらしい視点の日本史書.

◆午後の┣┣" 撃ち ——

  • [つくば]ほぼ三週間ぶりにプロローグ293字だん.新年度になっての再起動だ. posted at 16:14:07

◇本日の総歩数=4,962歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 85.00kg(−0.40kg) / 29.3%(−0.4%)

1 april 2021(木)※桜が吹雪く年度替わり

◆午前5時過ぎ起床.新年度初日は薄曇り.気温12.5度.北東の風.農林団地に桜吹雪が舞っている.今年度からはさらにヒマになるはずなのだが,そうも言っていられないので農環研へ.ここ最近 “なろ御触書” を見ていないので,いったい誰がどこへ異動するのか,まったく把握できていない.ワタクシ的には〈花粉の祭典〉は閉幕したので,昨年の冬以来ほぼ4ヶ月に居室の窓を全開し,扇風機をぶんまわして,部屋の暗がりに巣食う邪鬼どもを追い払う儀式がつつがなく進んでいる.

◆午前の┣┣" 撃ち —— 居室の掃除が終わってから,いま “なろ御触書” を見たところ,ワタクシの新しい所属先名称が「なろ農業環境研究部門土壌環境管理研究領域農業環境情報グループ」であることを初めて知った.そーかそーか,そーだったのかー(知らなんだぁ〜).ということは,メールの署名欄を書き換えたり,新規作成名刺のコンテンツも変えないといけないのね.そーなのね./「組織改編」とか「名称変更」って対外的には何かしらインパクトがありそうでも,実質的には何一つ変わらないことを下々の “なかのひと” たちはよく知っている.そして, “雑用” だけはしっかり増えることも./新署名での月例アナウンスを各メーリングリストに配信./『読む・打つ・書く』の著者プロフィールの所属先変更を駒場にメール連絡.

◆[蒐書日誌]山本悠三『近代日本の農学研究機関』(2021年3月刊行,藤原書店,東京, 税込価格4.950円, ISBN:9784865783056 → 版元ページ)※明治期日本の二大官民農業研究機関である国立農事試験場と大原農業研究所について.

◆ささやかな昼餉は「目玉焼き丼」.これくらいシンプルこの上ない外観だと,目玉焼きの “下” に何が潜んでいるかが論議を呼ぶかもしれない(知らんけど).

◆午後の┣┣" 撃ち —— 本日付けで保険証もふんだくられてしまったので,この先1ヶ月ほどはケンコー的かつキケンと無縁に暮らさないといけない./午後4時からオンライン打合せ.

◆[欹耳袋]来週末の4月11日(日)午後に下記シンポジウムをzoom開催します:

日本生物地理学会第75回大会シンポジウム
南極の生物地理学 —— 南極観測隊員が見た極地に生きる動植物 ——
【日時】2021年4月11日(日)15:00〜17:30
【場所】zoom オンライン開催
【オーガナイザー・司会】三中 信宏(農研機構/東京農業大学)
【演者・演題】
15:00〜15:10 三中 信宏(農研機構/東京農業大学)
 「はじめに — 環南極地域の生物地理学の系譜」
15:10〜16:00 田留 健介(埼玉県自然学習センター/第61次日本南極地域観測隊)
 「南極大陸セール・ロンダーネ山地の地衣類」→ 要旨
16:10〜17:00 林 健太郎(農研機構農業環境研究部門/第58次日本南極地域観測隊)
 「ペンギンだけじゃない —— 南極と周辺域の鳥たち ——」→ 要旨
17:10〜17:30 総合討論 ※司会:三中 信宏
【参加申込先】日本生物地理学会事務局(delias@kjd.biglobe.ne.jp)※参加費無料

◆今日の最高気温は19.1度.もう十分すぎるほど暑かったので,窓は全開放のまま,扇風機をごんごん回した.

今宵は熟してきたスーパーフルーツトマトの冷製パスタをまず用意(→ レシピ:het dagelijkse keukenleven「完熟スーパーフルーツトマトの冷製パスタ」).乳化させたトマトソースと茹であげタリアテッレを急速冷却するのがポイント.最後にバジルの葉をたっぷりトッピング.

しかし,冷製パスタだけでは物足りないので,みずみずしい春大根おろしとフレッシュな水菜を刻んだパスタを第二弾として用意(→ レシピ:het dagelijkse keukenleven「春大根が主役のパスタ」).茹で上げた細めのスパゲティに具材を乗っけてから,最後にまぐろフレークの水煮をトッピングして,だし醤油をひとまわし.シンプルこの上なし.今の季節だけの春大根のみずみずしい甘さが決め手.

◆新年度になっても食べ続ける日々.

◇本日の総歩数=4,175歩. 朝◯|昼◯|夜△. 計測値(前回比)= 85.40kg(+0.60kg) / 29.7%(+0.2%)