images/image1.jpg

Home
oude dagboeken

日録2019年12月


6 december 2019(金)※大分巡業の楽日を迎え

◆午前5時半起床.曇り.気温3.2度.天罰のうう…….しかし,夜が明けても無慈悲な地獄蒸し刑の執行は続くのだ.

  • [大分]県庁なう.今日がお座敷最終日.大分市内は曇り空.風が冷たい. posted at 09:31:03
  • [大分]分散分析演習だん.続いて一般化線形モデルへ. posted at 10:32:31
  • [大分]一般化線形モデルだん. posted at 11:16:39
  • [大分]多変量解析概論とクラスター分析実習だん. posted at 11:48:44

◆地獄での刑期を終え,はれて〈ほとじま〉の「ひゅうが定食」を味わう昼休み.ごま風味のタレがうますぎて,冷たい寒風もなんのその.

  • [大分]主成分分析だん.残るは質疑討論と個別コンサルティング. posted at 13:28:29
  • [大分]質疑討論タイムなう. posted at 14:36:51
  • [大分]大分巡業大団円なう! posted at 15:15:16

◆三日間の大分巡業を終え,スーツケースを転がして,JR大分駅前のバス乗り場へ.高速直行バスに1時間乗ればもう空港だ.午後7時,羽田へ向かう日航機の搭乗を待つ.大分はどこでもお寿司がうまいねぇ.

◆午後9時過ぎ,羽田空港第一ターミナルに降り立った.しかし,羽田には帰ってきたものの,つくばセンター行きのリムジンバスが10時過ぎまでないので,つくねんとベンチにすわりこんでいる.

◇本日の総歩数=11,022歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 未計測 / 未計測


5 december 2019(木)※氷点下の明け方は長湯

◆午前4時半起床.気温は氷点下1.4度.無風.昨日よりもさらに冷え込んでいる.夜明け前の内湯で長湯を決め込む.

◆[欹耳袋]先日の熊本での大いなるフシアワセ「MacBook Pro がプロジェクターにつながらない」問題をふりかえる.【症状】MacBook Pro 2017 | macOS Catalina 10.15.1 が VGA および HDMI のいずれのケーブルを介しても EPSON プロジェクターにつながらなかった.PC送信信号が相手側に認識されず.両ケーブルがいずれも10メートルの長さだったので,短いケーブルにしてみたが,やっぱりつながらない.他の(古め)の Mac だとつながるみたいなので,やはりMacBook Pro 側の問題だったのかもしれない.

MacBook Pro がプロジェクターに接続できないフシアワセ体験はこれまで何度もあるが,HDMI はダメでも VGA だと大丈夫だった.今回はその場でできるすべての選択肢がダメだった.もちろん,Windows PC は問題なくつながるので,しかたなく慣れない Win 10 を使っての高座をすることになった.

ワタクシと同様のフシアワセ体験談は探せばぞろぞろ出てくる ——

PC からのシグナルを増幅する「HDMI リピーター」という信号増幅機があることは初めて知った.ひょっとしたら役に立つかもしれないが,どうなんだろう.いずれにしても,HDMI まわりのあらゆる組合せの “相性” が問題になるらしいので,すべてに事前対処するのはもうムリかもしれない.

いつどこで今回のようなフシアワセに遭遇するかわからない.要は「たとえ自分のPCが使えなくてもお座敷のお務めが果たせる」こと.そのための最低ライン防衛策は,解説資料と実習教材のファイル類一式は事前に相手方にすべて送る.そして,予備PC(MacでもWinでもOK)1台を先方に用意してもらう.これくらいかな.さらに言えば,ベストの環境でなくてもちゃんと高座に上がれる覚悟も必要か.

大分では県庁OA室の統一規格 Windows PC を使うので,上記のようなフシアワセが発生するはずがないのはせめてもの幸い.

◆午前9時過ぎ,大分県庁OAプラザ着.市内は曇り空.今日はお座敷二日目.

  • [大分]実験計画法なう. posted at 10:25:01
  • [大分]県のPC環境は年々 “ベルリンの壁” が強化されている.昨日シャットダウンしたらすべてのRが削除されてしまったので,また再インストールしなければならない. posted at 10:26:24
  • [大分]完全無作為化法の論理と計算の解説だん. posted at 11:14:17
  • [大分]Rコマンダーの分散分析演習だん. posted at 11:50:19

◆昼休み.外は海風が冷たい.今日は〈こつこつ庵〉へ.とり天を喰わずにはすまされない土地柄.辛子もたっぷり付けて.外装は全然変わっていないが,内部がずいぶん改装されて厨房と客席の配置が入れ替わっていた.

  • [大分]そろそろ午後のお座敷だ. posted at 12:58:36
  • [大分]多重比較だん. posted at 13:50:46
  • [大分]乱塊法だん. posted at 15:02:02
  • [大分]モデル選択論まで話したところで本日は終了. posted at 16:13:26

◆夕暮れの別府湾をぐるりと回って別府駅へ.タクシーで鉄輪へ向かう.

◆北浜で放埒の限りを尽くした天罰が下り,鉄輪の地獄に送り込まれることになった.〈柳屋〉にて釜茹で,地獄蒸し,そして飲泉の刑を受ける.今夜は客はワタクシ一人だけとのことで,カウンター席で〈Otto e Sette Oita〉シェフとの対面お話しモード.師走の今の時期が一年中でもっとも客が少なくなる季節とのこと.しかし中盤からは忘年会ラッシュになるそうだ.小鹿田焼のお皿にはパスタが合う.豊後牛の極刑.赤い “お水” やグラッパを飲まされる刑罰.ひさしぶりにヘロヘロに.うう…….

◆明日は大分巡業最終日だ.駆け抜けなければ.

◇本日の総歩数=8,381歩. 朝◯|昼◯|夜×. 計測値(前回比)= 未計測 / 未計測


4 december 2019(水)※別府から大分県庁出勤

◆午前5時半起床.晴れ.南風.別府北浜の朝は気温0.3度とほぼ氷温のきびしい冷え込み.同じ九州でも先週の熊本とはおおちがい.大分巡業定宿の〈山田別荘〉はまだ寝静まっている.こんなに寒けりゃ暖まるしかないので,内湯に直行.

山田別荘は別府伝統の半地下に湯船があり,敷地から自噴する源泉が24時間注ぎ込んでいる.別府はときに釜茹でされるような熱湯温泉に遭遇するが,ここは長湯ができる適温.しかもいつも一人風呂が満喫できる.

泉質は「ナトリウム–マグネシウム炭酸水素塩泉」なので,旧分類でいう重曹泉(ナトリウム炭酸水素塩泉)と重炭酸土類泉(マグネシウム炭酸水素塩泉)の中間になる.湯船の縁にとげとげの析出物があるのはそのせいか.

◆下駄をからんころん鳴らせて山田別荘から至近の春日温泉へ.地元で運営する共同浴場なので100円払って入湯する.ここもまた朝イチは独り占め.奥の観音様の真下が泉源なので,新鮮この上ない熱い重曹泉が楽しめる.文字通りの源泉かけ流し共同湯がいたるところにあるのが別府の強み.

◆午前8時にゆっくり朝食をすませてから出発.JRで別府から大分までは,別府湾をグルっとまわってたった14分しかかからない.8:52別府発で9:06大分着.列車がやや遅延したので,駅前から県庁までタクシー.あっという間に県庁新館14FのOAプラザにたどり着いた.県庁上層階から見渡す市街地と別府湾の景色は格別だ.しかし,そんなことは言っている余裕はない.さっそくRのインストールをめぐるじたばたの始まりだ.

  • [大分]県庁なう.いきなり大分城の壁に阻まれてタイヘンなフシアワセが到来.やはり県のセキュリティの壁はさらに高くなっていた. posted at 10:09:34
  • [大分]おお,城壁に抜け穴あり.これでシアワセになれるぞ. posted at 10:28:56
  • [大分]とりあえず統計お座敷は概論とデータ可視化までおそるおそる進んでいる. posted at 11:27:03

◆今年もまたまた〈新華園〉の「焼き豚玉子飯(大盛り)」という儀式を粛々とこなした昼休み.県庁の自販機にやたら「かぼす系飲料」の銘柄が並んでいた(「かぼすと塩」「かぼすヨーグルト」etc…).「おんせん県」に続いて「かぼす県」を狙っているのだろーか.

  • [大分]午後の高座は分散概念とRStudioの動作確認.フシアワセは今のところない.開き直ればコワイものはなにもない. posted at 13:58:22
  • [大分]午後のパラメトリック統計学高座.ぜんぜんフシアワセが憑依しない.なぜだろう. posted at 15:09:41
  • [大分]フィッシャー先生に拝謁して,実験計画法のイントロへ.ここまでが初日のお座敷.あとは明日. posted at 16:03:13

◆またまた別府湾をグルっとまわって大分から別府への帰還.今宵は〈大和田鮨〉にてカワハギの生肝和えから始まる.関サバと関アジの盛り合わせ.おまかせにぎりはイクラが土石流.そして,万物にかぼすが降り注ぐのだった.

◇本日の総歩数=9,383歩. 朝◯|昼△|夜△. 計測値(前回比)= 未計測 / 未計測


3 december 2019(火)※油屋熊八が跳んで別府

◆午前5時半起床.晴れ.気温8.4度.南西風.旅支度は完了.

◆午前8時過ぎ,つくば駅.昨日の風雨のせいでセンター広場は落ち葉のじゅうたんが広がる.先週に引き続き,またしても師走統計巡業への旅立ちの朝.午前10時半,羽田空港第一ターミナル.都内は穏やかな青空だ.今日はチェックインの混雑もなく,こうしてお茶ができるほど余裕がある.12:20に羽田空港を離陸.

◆午後2時過ぎ,偏西風に揺られて大分空港着.そして,空港シャトルバスで別府北浜へ一直線.今年もまたやってきました! 油屋熊八は今日も駅前で跳び続けている.♫•*¨*•.¸¸♪別府ぅ〜〜 別府ぅ〜〜 別府ぅ〜〜 ♫•*¨*•.¸¸♪

◆まずは別府の定宿にチェックインして,内湯に直行.ああ,湯ったり〜

◆[蒐書日誌]レファ協>レファレンス事例詳細「図書にふせんをつけると図書が傷むというがその根拠はあるか」(2019年3月15日)※図書をきれいに “保存” するためのさまざまな教訓はえてしてユーザー(読者)の便宜をぜんぜん考えていない.読者にとっての本は使い回すための資料のひとつにすぎないので,汚れたり壊れたり(場合によっては)なくなったりすることは想定内のこと.必要があればもう一冊買えばいい.

上の返答を読むかぎり,日本の公共図書館は所蔵本をすべて「閲覧禁止」かつ「貸出禁止」にしてしまえば,無傷のまま何十年も何世紀も安全に保管できるのではないかと思ってしまう.読む人がいなければ本は汚れないし傷まないし “不適切” な取り扱いもなくなるだろう.

ワタクシの場合,図書は基本すべて私費購入なので,盛大に “付箋紙” を貼り付けている.そうしないと研究資料として使い回せないし,そもそも読書すらできない.ただし,前々世紀の古書や旧共産圏の本は付箋紙の糊で活字面が剥がれることが確かにあるので要注意.いずれにしても,図書館関係者たちは自分では本を読まないんですかねぇ.

◆別府北浜の最初の夜は八坂レンガ通りの〈はじめ寿司〉へ.国東半島は姫島の一本釣り太刀魚の和え物から.大分では万物がカボスの洗礼を受けることになっている.続いて国東産の煮蛸.「鷹来屋」が空いたので「ちえ美人」へ.オススメのおつくりとにぎりを少しいただいて,スマートに店を出る.北浜で呑んだら,最後の〆は北浜通りの〈チョロ松〉の「そば入りかも吸い」しかないでしょう.鴨の肉やら臓物やらホネやらが土鍋でがんがん煮込まれて,最後に麺が追加される.これは名品.寒い季節ほどありがたみがわかる.

◆別府の多くのお店では立命館APUの留学生たちがバイトしている.今も〈チョロ松〉のカウンターの中で,「師走になったら,いきなりTVでクリスマス番組やりだすのは違和感があるのでぜひやめてほしい」とバイトさんたちがささやきあっている.「クリスマスが早すぎるって?」と訊いたら「そう」とのこと.キリスト教国的にはきっとそうなんだろうなあ.

◆宿に帰還.内湯にゆっくりつかったので,ぬくぬく寝るん〜♫•*¨*•.¸¸♪  明日からは大分県庁でのお座敷が3日連続だ.

◇本日の総歩数=9,377歩. 朝◯|昼−|夜×. 計測値(前回比)= 88.00kg(+0.05kg) / 29.9%(+0.6%)


2 december 2019(月)※冷たい雨が降り続く日

◆午前5時半起床.曇り.気温4.9度.西風.今日の天気は下り坂.午後から雨が強まるとの予報.師走最初の観音台は曇りときどき小雨が降るあいにくの空模様.午前8時の気温は6.9度.北西の微風.ひんやりと静まり返る農環研.

◆午前の┣┣" 撃ち —— うちの玄ちゃんが,なろ城下町から出奔し,はるばる南半球はロナルド・フィッシャー終焉の地へと長期のお遍路に出かけてしまった.帰ってくるまでは空き部屋の番人をすることになっている./意外なほどの土砂降りの中,榎戸の黒猫集会所に紙束を持ちこんで発送完了.明日の午前中には千年の都に届くそうです.これでずっと抱え込んでいたビール本案件はほぼオシマイかな.しかし,その背後には蔵前・本郷・駒場の3案件がずらりと整列している.

◆雨がますます強まる昼休み.雷鳴.冬の嵐か.

◆午後の┣┣" 撃ち —— Parallels Desktop が version 15 になった.巡業前にPC環境が大きく変わると,フシアワセが寄り付きやすいんだけど.

◆夜は,明日からの別府湯けむり巡業の旅支度をごそごそと.

◇本日の総歩数=5,310歩. 朝◯|昼◯|夜◯. 計測値(前回比)= 87.95kg(0.00kg) / 29.3%(−0.5%)


1 december 2019(日)※師走初日ゲラ読み三昧

◆師走の初日は午前6時起床.雲が多い.気温1.7度.北風.メーリングリストへの月例アナウンス送信.

◆[蒐書日誌]読売新聞の小評が掲載されました:三中信宏「在野研究ビギナーズ 勝手にはじめる研究生活…荒木優太編著」(2019年12月1日)※書評本:荒木優太(編著)『在野研究ビギナーズ:勝手にはじめる研究生活』(2019年9月1日刊行,明石書店,東京, 286 pp., 本体価格1,800円, ISBN:978-4-7503-4885-8 → 目次版元ページ).ワタクシの書評では,「在野研究者/職業研究者」という大きな対比軸とともに,在野研究者カテゴリー内での「ビギナー/プロフェッショナル」という小さな対比軸を示しました.研究者は誰もがこの二つの軸が張る連続的な “研究者平面” のどこかに位置するということです.野心的にしてキケンな本.

◆お昼は芋饅頭を喰いに牛久まで.前菜も彩りよし.

◆今日は終日ゲラ読み三昧 ——

  • [つくば]『ビールの自然誌』第I部「穀物と酵母——太古以来の名コンビ」(第1〜4章)の索引項目ピックアップだん. posted at 10:53:55
  • [つくば]『ビールの自然誌』第II部「(ほぼ)当てはまるビール原論」(第5〜9章)の索引項目ピックアップだん. posted at 12:05:27
  • [つくば]『ビールの自然誌』第III部「快楽の科学」(第10〜13章)の索引項目ピックアップだん. posted at 17:09:55
  • [つくば]『ビールの自然誌』第IV部「ビール造りのフロンティア今昔」(第14〜16章)の索引項目ピックアップだん. posted at 18:24:29

—— かくして,『ビールの自然誌』再校ゲラは最後の文献解題まで含めて,本文チェックと索引項目ピックアップの作業が完了した.明日,黒猫さんに運んでもらう手はず.これでビール本の山場は越えたことになるかな.

◇本日の総歩数=1,355歩. 朝◯|昼△|夜◯. 計測値(前回比)= 87.95kg(−0.20kg) / 29.8%(+0.4%)


--- het eind van dagboek ---