# ーーー【ランダムな誤差を可視化する】ーーー

#【0】直線「y = x」に正規分布誤差を付加する

# 区間 [-1, +1] からランダムに100個の変数値を選ぶ(定義域)
n <- 100
x <- runif(n, min = -1, max = 1)

# ランダム誤差がない場合
y <- x
plot(x, y)

# ランダム誤差:正規分布 N(0, 0.05)
y <- x + rnorm(n, 0, 0.05)
plot(x, y)

# ランダム誤差:正規分布 N(0, 0.1)
y <- x + rnorm(n, 0, 0.1)
plot(x, y)

# ランダム誤差:正規分布 N(0, 0.5)
y <- x + rnorm(n, 0, 0.5)
plot(x, y)